相場は

社会保険労務士事務所はいわゆる法律の専門家と言われる人たちがそろっているオフィスですから、申請代行を依頼すればそれなりの金額がかかります。決して安いものではないですから依頼するのに若干躊躇してしまうかもしれません。安いところでも数万円、あるいは10万円を越える料金を請求される事もあります。それだけ経費をかけても依頼するメリットはどこにあるのでしょうか。

1人で年金受給の申請にいったとします。手続きをするにあたり裁定申請書の説明をあらかじめ受けます。初診日の確認をする事になりますが、向こう5年以内での受診が重要です。場合によっては病院での証明書の取得がスムーズにいかない場合があります。その他病歴や就労状況申立書を作成しなければなりません。さらに医師の診断書を準備します。

1回の障害者年金を申請するだけでこれだけの小難しい書類を準備しなければいけないのです。しかも状況によっては申請を却下される可能性もあります。すべてを揃えて提出するのに何度も保険事務所へ足を運ぶ事になります。それだけの労力と交通費と時間を計算したら社会保険労務士事務所へ障害年金の相談にいって、一発で認定してもらった方が総合的に考えるとお得感がわいてきます。

なんといっても決め手は診断書ですから、これだけでもまちがいなく提出しておきたいものです。社会保険労務士事務所へ依頼する事になります。

Pocket