社会保険労務士事務所

社会保険労務士事務所との関わりは個人ではあまりないという人が多いのではないでしょうか。どちらかといえば法人関係との関わりが多そうというイメージが強いというのは、文字どおり社会保険や社会保障制度の手続き関係のサポートをしてくれる機関ですから、法律には当然詳しいはずです。その中でも労務士と言われる人たちは、労働相談や各種年金相談を扱っています。

さらにもう1つ障害者年金相談業務も扱っています。近年年金制度のうち特に障害年金が大幅に改正された事で、これまで診断書さえ役場に提出すればほぼ自動的に障害年金を受給できていたのですが、より審査が厳しくなり審査に通りにくい現象が起きています。すでに受給できていたはずの人まで減給される人や、停止される人が相次いでいます。

元々障害者年金は申請が通って認定されるのに早くて半年、長い人では1年以上待たされてようやく念願の年金を受給できたというケースはごく当たり前になっています。あれほど苦労して認定したのに、ちょっとした書類の不備で申請が却下されて更新できないとしたら、これほど切ない事はありません。生活には大変困窮していても最後の頼みの綱が切れてしまってはどうしようもありません。

最初の書類提出でつまずく人もいます。そうした人たちのお手伝いをしましょうというのが社会保険労務士のサービスです。これで一生生活にもはや困窮しないですむと思ったら、社会保険労務士事務所への謝礼は安いと考えるべきかもしれません。

Pocket